よつあしを見る市場の朝
*
ホーム > 日記 > 多くはなくても確実に

多くはなくても確実に

通常のはじめたばかりの人向けのFX投資の情報では、「マイナスになった時はナンピンをして、ポジションの買い付け価格をコントロールする事が出来る」等書かれていたりしますが正直ナンピン買いには大きな危険性があります。

 

まず最初に、ナンピン買いの手法について説明しておこう。

 

一例として1ドル=100円でドルを買ったとします。

 

$買いなので、円安になればなるほど利益が大きくなりますが、1ドル=95円まで円高ドル安に推移したとします。

 

このままの場合持ち続けたとしたら、マイナスをなくすためには、損失分円安ドル高に向う必要があります。

 

誰でも、赤字は可能な限り早く取り戻したい願います。

 

この状況を打破するためはじめにエントリーしたのと同じ量のドルを、1ドル=95円で取引します。

 

そうすると、ポジションのコストは1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。

 

つまり、2.50円の幅で円安ドル高に推移すれば、マイナスを回復できます。

 

こういったことがナンピン買いの原理です。

 

このような、ナンピンの手法を耳にすると、「もっともだ」と考えたりするが、為替相場はそう簡単に思った通りにはなりません。

 

最初から、1ドル=95円が底値だということなど、誰も予想できません。

 

仮定として、マーケットがかなりの円高ドル安トレンドだったら、1ドル95円では下げ止まらずにより一層ドル安が加速する危険性が高くなります。

 

一例として、1ドル97.50円でナンピンをしたにもかかわらず、1ドル=95円までドル安に進んだらナンピン買いしたポジションについても、損失が生まれてしまいます。

 

この状態では、一番初めに買ったドルと同時に2倍の為替差損を被ることになる。

 

例示したとおり、ナンピンは難しいのだ。

 

では、為替が自らの筋書きとは別の方向に進む場合どの対応で危険の確率を回避すればいいのでしょうか。

 

取れる方法は多くはありません。

 

ひとつは潔くあきらめて、損切りをすること。

 

ふたつめは、その段階で、あなたが保持している買いポジションを縮小することで市場が回復するのを何もしないで待つことだけです。

 

控えめな手法だと思う投資家もいると思います。

 

だが、自分のポジションに損が生まれた場合、妥当な術はこれ以外には考えられない。

 

考え方としてはナンピン買いをする術もありえます。

 

けれどもナンピン買いは、あなたが損失を披っている場面にもかかわらずポジションを縮小するどころか逆にポジションを買い増していく手段です。

 

この手法では、危機をコントロールすることなどどこをどうやっても可能ではない察するべきです。

 

ナンピン買いを続ければ最終的には損失が回復するかもしれません。

 

けれども、それより前に資金がショートしてしまうだろう。

 


関連記事

違法・脱法行為などの賠償金等の請求は...。
浮気?と思っても夫の行動を調査する際に、あなた、あるいは夫の家族、親せき、友人、...
キャバクラの女に騙されて借金地獄
キャバクラの女が好きになって通い続けた3年間!!一度もプライベートで会うことがで...
多くはなくても確実に
通常のはじめたばかりの人向けのFX投資の情報では、「マイナスになった時はナンピン...
痩せたら痩せたでリバウンドの恐怖が...
食生活と体を動かすことの両方を使用した痩身方法が着実にダイエットできる必要なコツ...
同じものを食べるのに太らない夫
肉体を使って運動することは、ダイエットのやり方にとってはいちばん重要なポイントで...
テスト
テスト記事です。...