よつあしを見る市場の朝
*
ホーム > お試し > 保証人になってくれたヒトの選択肢

保証人になってくれたヒトの選択肢

破産申告にあたって持っている債務にあたってその保証人となる人を立てている場合にはあらかじめ連絡をしておいた方が良いです。

 

ふたたび、改めてお勧めしますが、保証人となる人物がいるときは自己破産手続きの前によくよく考えなければいけません。

 

その理由は破産手続きを取って免除されると、保証人となる人がみなさんの借り入れをみなかぶる義務が生じるからです。

 

やはり、自己破産手続き以前に保証人になってくれた人に、それらの内容や現在の状況について説明してお詫びをしておかなくてはなりません。

 

それは保証してくれる人の立場で考えると当然のことです。

 

負債者のあなたが破産手続きを取ることから、急に債務が発生してしまうわけですから。

 

そのあとの保証人になってくれた人の行動の選択ルート4つになります。

 

まず保証人となる人が「全部返す」という方法です。

 

保証人である人がすぐに多くの金額を問題なく完済できるお金を所有していればこれが選択できます。

 

でもその場合、自分で自己破産せずあなたの保証人に借金して、あなた自身はその保証人に返していくという方法も取れると思います。

 

また保証人が借金をした人と関係が親しい場合は少し完済期間を繰り延べてもらうこともありえます。

 

またまとめて返済不可能でも貸金業者も相談すれば分割による支払いに応じてくれます。

 

あなたの保証人に破産手続き行われると、貸したお金がなにも返金されないことになりかねないからです。

 

また保証人が債務者のお金をすべて立て替える経済力がないなら、借金しているあなたとまた同じようにある中から債務の整理を選択が必要になります。

 

続いてが「任意整理」を行う方法です。

 

この場合貸金業者と話し合うことにより、数年の時間で完済していく形になります。

 

弁護士などにお願いする際の経費の相場は債権者1社ごとに4万。

 

もし7社からローンがある場合28万かかることになります。

 

むろん債権者側との交渉は自分でチャレンジすることも可能ですが、債務処理に関する経験のない素人の場合債権者側が確実に有利な条件を勧めてくるので、気を付ける必要があります。

 

くわえて、任意整理してもらう場合はあなたの保証人に借金を立て替えさせることになるのですから、借金をしたあなたはちょっとずつでもその人に返済をしていく義務があります。

 

3つめはその保証人も債権者と同じように「破産宣告する」という選択です。

 

保証人も返せなくなった人と同様に破産宣告すれば、その保証人の負債もチャラになります。

 

しかし、その保証人が株式などを登記している場合はそれらの私財を失いますし、資格制限がある職業についている場合は影響が出てしまいます。

 

そのような場合、次の個人再生を活用するといいでしょう。

 

4つめの方法としては「個人再生をする」方法についてです。

 

戸建て住宅などを処分せずに借金の整理をしたい場合や自己破産では制限がかかる職についている方に有効なのが個人再生です。

 

この手段ならマンション等は処分する必要はありませんし破産手続きの場合のような、資格に影響する制限が何もかかりません。

 


関連記事

保証人になってくれたヒトの選択肢
破産申告にあたって持っている債務にあたってその保証人となる人を立てている場合には...
テスト
テスト記事です。...